苫米地式認定コーチ神田さとみのブログ

誰にも無限の可能性がある。 上手なマインド使いを身につけて、人生を豊かでhappyに。 世界を豊かでhappyに。

今日は朝から七草粥を作って食べました。
おかゆ大好き。美味しかったです。

これで今年も無病息災!と、都合の良い時は「縁起物」に乗っかってみます。

七草粥も冬至のゆず湯も、
私にとっては、何気なく過ごしがちな都会の毎日の中で、
季節を意識する機会を与えてくれるプレゼンターです。
肌にあたる空気の温度や香りが意識に上がって五感が刺激されるよう。

ところで、私達苫米地式コーチにとっては日頃から親しみのある言葉「縁起」 。

「縁起物」「縁起をかつぐ」となると
意味合いは「良い」ものに絞られているように思います。

本来は様々な縁起があるはずですが…
でもせっかくなので

"ゴール側の世界のいい縁起"をつないでいく方に、ロックオン♪

2016年も
よろしくお願い致します。

 

金曜日は苫米地アカデミーでした。

毎度のことながら楽しく超濃い講義。
聴いている最中から、その話の内容だけでなく
自分のゴールイメージや様々なテーマが並列的に、
頭の中でめまぐるしく動き、進んでいく感覚があります。

私にとって大切で特別な空間のひとつです。

今回は田島コーチの講義中、どういうわけか
縦書きに小筆(毛筆)で文字を書きたくてたまらなくなり、
ひとまず萬年筆で縦書きしながら
「絶対携帯用の筆欲しい!」
と心の中で叫んでいました(笑)

そして、思い立ってから3時間後には私の手中にあった新しいお仲間。 




呉竹 万年毛筆 本毛  べっこう調 紅(べに)

このスピード感、自分でも笑えます。want to の力おそるべし。

墨を付けて書く本当の筆のようなわけにはいかないけれど、
本毛なので柔らかく、しなりがあります。

妙に硬くてキュッキュ鳴るマーカーのような筆ペンは苦手です。
そうでなければ柔らか過ぎてへにゃへにゃで腰がない。
あれも化繊だったのでしょうね。

出先でこれなら合格かな。楽しく付き合えそう♪

じゃんじゃか書く用に最適なノートもGET☆


LIFE NOBLE NOTE PLAIN A5 無地

適度な滑りで色味もなかなか。
やっぱり糸とじはいいですねー。開きやすさもGood。
多少の裏写りがあるかもしれないけど、いいでしょう。

先日の萬年筆に続いて、私のパートナーが増えました。
モード、場面で使い分けを楽しみます^^
ツールが変わると、脳内も切り替わっていいですね。

 


14_12_15 3305

神田さとみ
(かんだ さとみ)

苫米地式コーチング認定コーチ
 


株式会社カンダオプティカル代表取締役
日本ゆる協会公認 ゆる体操正指導員上級デモンストレーター/ゆるウォーク正指導員中級
運動科学総合研究所公認 正4級達人調整師
アクセス・バーズ(R)プラクティショナー








<略歴>

大阪市生まれ。

9人家族の中で幼少期を過ごす。
小学生の頃、自らの中に”孤独への恐怖”と”多の中の孤独”を見出す。

当時から繰り返し読んだ本の中で最も気に入っていたのは、
お釈迦様の生涯を描いた教育マンガ。
「中庸」の概念に心惹かれる。

相談はするより受けることの方が多かった。

14歳になった頃、最も近しい家族であった兄が不慮の事故で急死。
存在、生命について考察するのを余儀なくされる。

この時、こんな不条理な思いを二度と両親・家族にさせてはならない、
自分は何があっても絶対に、自殺だけはしないでおこうと心に決めた。

それからは、(特に若者、子どもの)自殺のニュースを耳にする度、
憤りにも似た歯がゆさ悔しさを覚えると同時に、
その選択を取らずにすむ考え方を多くの人が知ることを強く願った。


その後も、成長、悟り、真理、中庸といったキーワードを片隅に置きつつ、青春時代を過ごす。

スポーツ(タッチフットボール)の能力向上を求めていた1999年、
自身の治療・パーソナルトレーナーを依頼した(後に夫となる)神田正彦から、
運動科学を創始した高岡英夫氏の著書・講座の紹介を受ける。

最初に読んだ2冊は、「ハラをなくした日本人」と「意識のかたち」。
自分の身体使いがまるででたらめであったことを知り、
実践の方法としてダイナミックリラクゼーションメソッド「ゆる」を体験、
その劇的な効果に衝撃を受ける。

同年から、高岡氏が主宰する運動科学総合研究所が提唱する各種身体トレーニングの研鑽を開始。

上達、快適さが自分の中のキーワードに加わる。

2004年より運動科学総合研究所主催の「大和撫子のからだづくり教室(※)」アシスタントを経て、
2005年ゆる体操指導員資格を取得。
以降現在まで10年以上常に昇級試験を真っ先に突破し続け、実力全国No.1指導員として指導活動を展開。
自教室でのゆる体操・ゆるウォーク等の指導の他、カルチャースクール、地方自治体等主催の各種講座、テレビ・ラジオ等での紹介・指導も経験多数。
(※ゆる体操と身体調整、月経血コントロールのための息ゆるを含む、女性専用教室)

運動科学総合研究所では、ゆる体操の指導だけでなく、同研究所専門指導員として、大和撫子のからだづくり教室」、身体意識を開発する講座群(トップ・センター初級等)、総合呼吸法等専攻科の講師も務める。


高岡メソッドをトレーニングの中心として取り組む傍ら、
自身の成長と、母(現在は故人)の病の解決を求めて、様々な方法に学ぶ。

ヒーリング、エネルギー療法、瞑想法、気功、リンパマッサージ、武術、チベット密教、自己啓発…etc.。


2013年、さらなる人生の現状打破を模索する中、苫米地英人博士に出逢う。

博士が自らのゴール「世界の戦争と差別をなくすこと」の実現に、
本当に””本気で”取り組んでいることを肌で感じ、深い衝撃と感銘を受ける。
自分の中にも方向性を同じくするゴールがあり、それを達成する手法として、
コーチングの効果と必要性を確信し、自らもその本格的な体得と普及を決意する。

苫米地博士から直接コーチングを学ぶため、苫米地アカデミー第1期開講時より参加。
第1期、2期、3期、4期修了。2015年12月現在2015年度下期アカデミーを受講中。
2015年7月、苫米地式コーチング認定コーチ資格を取得。

身体とマインドの両面から、縁ある人々をサポートできる態勢を整える。

個人と世界の平和を実現するための種まきをあらゆる形で進めるべく活動を開始。

コーチング理論の実践と普及の一環として 、
苫米地式認定マスターコーチで元外資系コンサルタントの青山龍氏の強力なサポートを受け
自身が代表取締役を務める株式会社カンダオプティカルでは、
利益の寄付で社会貢献を目指す、ビートルズサングラスプロジェクトを推進中。




<私の中の変遷>

どうすれば楽になれるのか、どうすればもっと良くなるのか、
苦しみから逃れることはできるのか。

一生のうちにたどり着ける境地が、個々であまりに差があるように見えて、
同じ人間なのに、どうしてこうも違うのか、
最初から天才的な人以外、高みは臨めぬものなのか。

いつもどこかで考えていました。


空想するのが大好きで、思考中心だった私が出会った本格的なものは
まずは身体と向き合うものでした。


自分がいかに、自分のことを知らないか、身体のことに気づいていないかを知りました。
心は嘘をつきますが、身体は嘘をつきません。
身体はまったく正直で、自分のした事の結果を
大抵の場合すぐにわかりやすくフィードバックしてくれました。

身体とは、心とは、向き合うことのできる対象なのだと知りました。

身体と心、そしてそれらを繋ぐもの=意識があると感じるようになりました。

身体の声を聞く。
意識の仕方、力でその声に応えていく。
身体との関係が変わる。
自分が楽になる。
心が楽になる。


心の声を聞く。心を観察する。
心を対象化し、意識を使って、心を解放し、求めを適切なものにして叶えていく。
心が楽になる。
身体の力みがとれる。
自分が楽になる。

身体だけでなく、心(と脳)にもまた様々な切り口から取り組むようになっていました。

そして苫米地式コーチングという本格的な方法に出会い、
パズルのピースがはまったように、よくわからなかった部分がスッキリと整理され、
身体を通して学んできた事とも相まって、今まで足し算だったのが、掛け算になったかのように、
それまでよりずっと楽に、それもとてもクリアに、人生が進むようになりました。


<大切にしたいこと> 

ところで、
自分以外の誰かとの関係や、
周りの環境、世界の情勢、
様々なものを良くしたいと思うとき
自分自身との関係を忘れていないか確認したいと思うのですが、いかがでしょうか。

どんなに心の通い合ったパートナーがいようとも
どれほど愛してくれる親、子、家族がいようとも
この身が滅ぶその瞬間まで
片時も離れず共にあるのは
他ならぬ自分自身。
自分の身体は、マインドは、
生涯の、唯一無二のパートナーだと言えるでしょう。

そんなパートナー(=自分)との関係を最高のものにしていきたい。
みなさんにもご自身との関係を最高のものにしていただきたい。
私の大切なテーマです。

自分との関係をゴキゲンにして、そしてそこで留まらずに、
ご機嫌な自分で、周りに接して、
Happyと平和を広げていきましょう。 

あ、意識を向ける順番は、自分と外とどちらが先と必ず決まっている訳ではありません。

全てはあなたの自由意志による選択でルートを選んでいけば良いのですから。


<一生使えるマインドの使い方が身に付く苫米地式コーチング> 

人生の中で次々と起こる出来事、思いに出くわす時、
なんとなくこうやったときは上手くいった、みたいな経験値と勘だけで対処するのではなく、
処世術というようなニュアンスのものでもなく、

長年の研究を経て洗練された、
シンプルに整理され、汎用性を持った理論をもって事に当たれば
どれほど解決への早道となることでしょう。


苫米地式コーチングを体得したコーチは、
最先端の認知科学の成果、そして苫米地博士が1980年代からドクター苫米地ワークスの中で構築してこられた理論・ノウハウが凝縮されたコーチングを学んできています。

コーチングの元祖ルー・タイス氏が40年以上をかけて多くの学者さん達と協力して研究してきた成果もまた、ルーの最晩年のプログラムの共同開発者であり正当な後継者である苫米地博士を通して享受しています。


人生のあらゆる場面で活用できる、本質的なマインドの使い方をあなたのものにしてください。
しっかりと自分の中に確かなモノサシを持ち、自信を持って生きられるようになることでしょう。


<メッセージ>

稀代の天才・達人と呼ぶにふさわしい最高の師匠方から、生きて直接学んでこれた事を本当に感謝しています。

そんな師との縁をつかめた自分はなんて恵まれているのでしょうか。

だけれども、仰いだ師はみんなスゴ過ぎて、目指す先が遠過ぎて、
どうやって教えを自分のものにすればいいのか、途方に暮れる自分もいました。

そんな私が今こうして皆さんにメッセージを贈る側になれたのは、
師匠方がどーんとそこで待っていてくださったからに他なりません。

さらにはそのほかに、師と自分との間にハシゴをかけてくれるような、
例えるならば家庭教師のような存在が、
私には常にいてくれたことが大きな支えになりました。

師匠方だけでなくその人達の存在もなければ、決して今の自分はないと思っています。
同じところに達する事ができたとしても、もっとずっと時間がかかったと思います。

コーチは、そこの役割も果たす事ができます。
今も私はコーチ達に囲まれて、最高のサポートを受けています。
コーチにもコーチがいるっておかしいと思いますか?実はいることは望ましいことなのです。
今の自分に見えていないものに気づき、よりコーチらしく生き、進化し続けるために。


そんなこんなで私の中には、とっておきの情報が、ずいぶんと蓄積されてきました。

今度は私が、みなさんをサポートする番です。
 
パーソナルコーチングでは、
これまで体験してきた私のとっておきの数々を非言語で、あなたに惜しみなくシェアします。


難しく考えることはありません。
一人で苦しむこともありません。

なんとかしたい、その気持ちがあれば大丈夫。
ここまで読んだ(長くてごめんなさい)、粘り強さと真剣さがあり、
人に、人生に興味を持てるあなたなら、
もう一歩、その足を前へ、踏み出すことができますよ。


あなたの中の深い部分とつながって、
あなたの人生がより前向きなものに変化していくその過程に
立ち会わせていただきたいと願っています。


生きているうちに、あなたと会える日を夢見て。



Twitter : @satomikanda
Facebook : https://www.facebook.com/satomi.kanda.923/ または「神田さとみ」で検索

2015/12/20更新


↑このページのトップヘ