例えば


一日や一呼吸や

ある期間のうちに


良い間を見つけて


マインドの動きを

自由に往来させて観る


頃合で戻ってきて

実体の動きを再開させる


例えば、の話。


-----


<間>


「間」がいい悪いというのは

タイミングだけの話ではない

その長さ、広さにも及ぶ


適切であることが美しい


その時存在させたい何かが

自由に往来できるだけのスペース
 

単にスペースが広げられるだけ広がることに

ここでは価値を見出さない


あくまで実体と実体とに挟まれたそれであるからこその妙味

ここで言う実体は、物理的なものとは限らない
「間」に存在するものと、質感の異なる何か、ということ 



人と人とのあいだにも

一日のうちにも

一呼吸の中にも


それは見つけることができる



「間」を制さん