先日の東京滞在中のこと。
ホテルにチラシがあって、気になったので、少しの時間ですが寄ってみました。



ガラス製品全般が好きです。
透明感や光との関係が感じられるところや繊細さがその理由。

今回は江戸切子。

東京オリンピックに向けたテーマであったようです。


作家さんの技術と思いのこもった作品を味わってきました。


これなんかは、反対側の模様をこちらから透かして見ると、まるでスターダストのようで...じーっと間近で横から眺めていました。

部分アップ。伝わるでしょうか。



こちらは、何年も雨晒しだったガラス。自然にできた気泡を有します。



綺麗なものを見るのはやっぱりいいもの。

わずかな時間でも、頭の中が切り替わり、騒がしさも静まるようです。